転職して希望の仕事で働こう|転職サイトで自分の天職に出会う方法

案内

年代ごとの転職テク

men and woman

20代の方で転職を考えている方はまず失業期間を長く開けないようにし、なるべく早く転職先を見つけることができるようにしましょう。20代の方の多くは仕事の経験が少ないので、新しいスキルや資格などを取得することで転職活動を円滑におこなえるようにするのがとても大切です。仕事での経験が30代や40代の方に比べて極端に少ないので、少ない経験実績を取得している資格や身につけているスキルなどで補うようにしましょう。また若さを活かしてさまざまなスキルや技術を学べることをアピールし、会社の有効な戦力となるということを伝えることも重要です。失業の期間を開けないために在職したまま転職活動をおこなうのが無難な方法です。希望する企業や業種に必要な資格やスキルがない場合は、休日や空いた時間を利用してスキルや資格を取得するようにしましょう。

30代に転職をおこなう際は、出社できる日数をきちんと決めて応募することが非常に有効です。仕事の経験実績や資格やスキルなどを十分に持っている方が多い30代では出社可能日が不明確な事が多く、そのため書類選考などの選考では不採用となってしまう可能性が高くなりがちです。そのため応募する際には目安となる日程を記入し、採用された場合などに出社可能な日数をはっきりと伝えるのが最も効果的です。30代の方の多くは豊富な実績を持っている方や国家資格などの難易度の高い資格をお持ちの方が多いため、20代の方に比べてキャリアの部分はとても有利です。なるべく即戦力を求めている会社としては早く入社して結果を出してほしいと考えているので、出社可能日を掲示する際はなるべく早めの日数を掲示できるようにしましょう。